東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容に関する情報を発信しています。

歩き方

「お尻でつっかえてズボンが履けないんです」

「年齢と共にたれてきちゃった」

「どこまでがお尻で、どこからが太ももかわからない」

今までこんな事を思ったことはありませんか?

お尻ってどんなに努力してもキュッと引き締まることってないって諦めて、ワンサイズ上の洋服を買ってしまうなら、まずこの記事を読んでからにしてください!

どんなに運動が嫌いでも、毎日欠かさず歩いていますよね。

もし、その歩き方が原因でお尻がたるんでいるとしたらあなたはそのままでいたいですか。

答えは、NOですよね(^^

東村山でパーソナルトレーニングを日々案内しているトレーナーとして、街を歩いている女性の歩き方が非常に気になっています。

この記事を読めば、

  • なぜお尻がたれてしまうのか
  • どうしたら引き締まるのか
  • たるまない歩き方

この3つが丸わかりです!

たるんでしまう理由さえわかれば、あとは今までの自分とはさようなら。

今まで放っておいた気になるお尻、そろそろどうにかしたいって思う方は必見の情報をパーソナルトレーナーが紹介します!

【お尻がたるむ歩き方】

早速ですが、お尻がたるむ歩き方をしている女性がしがちな事7選を紹介します。

  1. 下の方見て歩いている。
  2. スマホいじりながら歩いている。
  3. 背中が曲がって歩いている。
  4. 肘に荷物をかけて歩いている。
  5. 足をずって歩いている。
  6. ヒールを履いている。
  7. ぺたぺた歩いている。

順を追ってざっくり説明しますね。

まずは下を見ながら歩く女性、これは自覚がないケースがほとんどですがパーソナルトレーナー的に最高!って思える歩き方をしている人は1〜2割程度です。

ほとんどの方が、3mぐらい先しか見ないで歩いています。

特に怪我や病気というわけではないのに、地面を見ているのでは?と思える方も多いです。

UCT鍼灸院・パーソナルジムで歩き方を練習するお客様も多いのですが、最初はほとんど下を見ています。

次に、スマホいじりながら歩いている女性。

3番、5番、7番を兼ね備えたヤバイ状況になりがちです。スマホをしょっちゅういじっているなら、いつの間にかそんな姿勢になってしまいお尻がたるんでしまうかもしれません。

そして4番の肘に荷物をかけて歩く女性。

トートバックや買い物の荷物を肘にかけ歩いているならそれもたるんでしまう原因になります。

スマホとは違って、物理的に背中が曲がる可能性が高いので、肘にかけて歩くのは避けたいですね。

最後に、6番のヒールを履く女性。

これが非常にまずいんです。高さは関係ありませんので、「昔は5センチだったけど、今は2センチにしている」というのはちょっと置いといてください。

これは全くお尻に力が入りません。

結婚式の時に実は僕も多少ヒールの高い靴を履いたのですが、一日過ごしたら夜には膝やふくらはぎはガクガク・・・。

太ももの前やふくらはぎばっかり使っていたのですね、むしろお尻はまったく力が入っていませんでした。

そうなんです、運動学的にかかとにしっかり体重がかかっていないとお尻や背中は働いてくれない決まりになっているから。

そんなことが頻繁に起こってるなら、お尻がたるんでしまいますよね。

あなたは当てはまるもの、ありましたか?

「1個だったから大丈夫かも」というのは残念ながら無くて、どのくらいその習慣が続いているかということがたるみの大きな原因になります。

ではその習慣を変えれば大丈夫って思ったあなたは大正解です(^^

しかしながら遅くとも1歳ごろから続く「歩く」習慣はなかなか変えることはできません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

【たるんだお尻解消法】

もし、すぐにでもお尻のたるみの進行をストップさせたいなら・・・。

先ほど紹介したお尻がたるんでしまう歩き方7選を全てやめましょう(^^

簡単だけど、意思を貫くのは難しいかもしれませんが前を見て歩いたり、スマホを見ない癖をつけたりヒールをやめられるならやめたり・・・。

「え?でもキュッと引き締まっている人もスマホしているの見たことあるけど」

という方のために解説します。

その方達は、ほとんどの場合で

  • 理想の歩き方をしている。
  • トレーニングしている。

のいずれかでしょう。

理想の歩き方、トレーニングってどんなものなのでしょうか?

まず理想の歩き方は、解剖学・運動学・人類の進化などを考えると行き着きます。

ほとんどの人が、頑張って無理して歩いちゃているんです。(無意識でね)

パーソナルトレーニングなら4回〜6回のセッションで一緒に歩きながらできちゃうんで楽しみながら理想の歩き方ができるようになっちゃいます。

トレーニングをしている女性はお尻の筋肉を特徴的に引き締めることができます。

なので多少姿勢が悪くても、お尻が綺麗に見えたりするんです。

でも結構歩き方はおしかったりするんですよね(TT)


普段、誰しもがやっている「歩き」で勝手にお尻が使えて、歩くだけでお尻のたるみが取れたらどれだけ良いかって思った方も多いかと思います。

歩き方を変えて、お尻を引き締めるのは誰でもできます。

たれたままのお尻では嫌だ!というあなた、UCT鍼灸院・パーソナルジムではお尻が引き締まる歩き方をちゃんとお伝えしています。

今まで一緒に頑張ったお客様の中には、引き締まっただけでなく

  • 歩くのが早くなった方
  • 姿勢がよくなった方
  • ランニングが上手になった方

が多くいらっしゃいます。

今回、たるんでしまう理由がわかったあなたはどうしますか?

たるんだまま放っておくか、どうにかするか・・・。

「それは嫌だ!どうにかしたい。」という方はまず、体験にお越し下さい。

ちゃんとお話を伺って、どのくらいでそれが叶うかお伝えします。

〔お名前〕〔連絡先〕〔希望内容〕〔体験希望日〕を必ず誤入力の上、送信ボタンを押してください。

あなたのご相談、お待ちしております(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA