UCT鍼灸院・パーソナルジム 東村山 | 美と健康のトータルステーション

【簡単チェック】たるんだウエスト解消に必要な事4選!

東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容に関する情報を発信しています。

ウエストに乗った脇腹のお肉、そろそろどうにかしたいんです。

鏡を見るたびにウエスト周りに脂肪が蓄積してズボンの上に乗っているのは気がついているけど、どうやったら引きまるのか悩みつつ時間が過ぎ更に脂肪がたまるなんてサイクルに陥ってませんか。

「誰にみられるわけじゃないし」と思っているかもしれませんが、洋服の上からでも脇腹や下っ腹ってたるんでいると意外とわかってしまいます。

お腹のたるみイメージ画像

周りの人に気がつかれて「最近なんか・・・」なんて言われる前にちゃんと引き締めておかないとあっという間に薄着の季節がやってきますので

脇腹がたるんでしまう理由と対策をパーソナルトレーナーがコッソリ教えちゃいます!



1.【脇腹がたるむ理由】

脇腹がたるんでしまうのには生活習慣だけでなく柔軟性なども関係してきます。

ウエストにはこれだ!とか、このエクササイズが良い!という情報は数多くありますが、今日は単純明快にたるんでしまう理由が改善するべき点として紹介したいと思います!

■たるむ理由1■

〜座り方に問題がある〜

仕事中、ご飯を食べている途中などで腰をぐにゃっと曲げて猫背で座っていませんか?

猫背で座っているイメージ画像

程よい画像がこんなのしかありませんでしたが、お尻から背中を経て首までが丸くなっているのがわかりますでしょうか。

この姿勢が普通になってしまうことで、お腹がたるみますし全身のボディラインが崩れる原因にもなります。

■たるむ理由2■

〜脇腹の柔軟性がない〜

たるんでいるから柔らかい!なんてことはありません。表層は柔らかく感じても筋肉は硬いかもしれません。

簡単なチェック画像と2つの関門を用意しましたので真似をしてみてください。

スムーズに痛みもなく体を横に倒すことができたら第1関門クリア。

これが困難だった方は柔軟性が低下している可能性がありますので、すぐにクリアするべき状況です。

第2関門は横に倒した時、逆方向に腰が横にずれなければクリアです。

これはちょっと上級編で、ちゃんと引き締めたいのであればどんなトレーニングよりも優先してできるようになることが必要になります。

■たるむ理由3■

〜後ろに振り返れない〜

以下の画像のように後ろにちゃんと振り返ることができますか?これにも2つ関門があります。

第1関門は、スムーズに真後ろに近いところまで振り返られればクリア。

振り返ることができない場合、またはその可動域が狭い場合にはトレーニング種目がかなり限られてくる為、最低限必要な柔軟性です。

第2関門は足の裏、腰が一緒に回転していなければクリアです。

より引き締めるなら、腰・背中が単独で動ける余裕を持っている必要があります。他のところまでおまけで付いてくる必要はありません。

■たるむ理由4■

〜腹筋ばっかり鍛えている〜

脇腹だってお腹の一部、引き締めたいなら腹筋でしょ!と思うかもしれませんが実はちょっと違うんです。

こんな腹筋していたら遠回りをしています。

解剖学的に考えると、腹筋と言われる筋肉は厚みが非常に薄い筋肉でそもそもそこまで体を丸める力もないし、力を入れたところで体を支える力も持っていません。

腹筋エクササイズがメインでトレーニングをしている方はトレーニングメニューの組み直しが必要です!

2.【たるんだ脇腹改善策】

1章で紹介させていただいた脇腹のたるむ理由4つを改善していくことが脇腹を引き締める最短の近道です。

座り方を見直して、脇腹の柔軟性を向上させて、痛みなく振り返ることができて、トレーニングメニューを見直す4ステップできっと脇腹に乗るお肉は減っていくでしょう。

引き締まった脇腹のイメージ

具体的に柔軟性を高める方法、トレーニングの見直しは個人個人で体の状態に違いがありますので、怪我防止の観点から具体的なやり方のご案内は避けておきます。

実はそれだけ繊細な場所で、脇腹の後ろには腰があり漢字の意味合いを分解すると「体の要」と書くからです。

安全に確実に脇腹を引き締めるなら、今通っているジムのトレーナーさんにこの方法を元に相談をしてみてください。

UCT鍼灸院・パーソナルジムならではの詳しい方法を体験でもご紹介しておりますので、ご興味のある方は今すぐご連絡ください。

Prev:【これが真実】トレーニングジムが1人では続かない訳とは
【根本解決】お尻が引き締まる生活方法をご紹介します。:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。