ついサボってしまう理由を探し、思い腰が上がって運動をしてもこれから効く!というところでトレーニングをやめたくなる人多いんです。

1週間ほど頑張って、だんだんとフェードアウト・・・。

今回もダイエット諦めちゃうのかな・・・。なんて思ってしまっているかたもご安心ください!

1日15分2ヶ月チャレンジの簡単ダイエットでお腹を引き締める3選を紹介します!

画像イメージ

UCT鍼灸院・パーソナルジムのお客様も本当にやっている方法を公開しますので、ちゃんと変化する方法を紹介したいと思います。

この方法を毎日頑張ったら確実にお腹は引き締まるでしょう。

なので頑張りすぎて今このブログを読んでいるまさにあなたが痩せたら、無料公開している出血大サービスの店は潰れます(^^;

でも、本当にお腹周りを季節に関係なく引き締めて欲しいので紹介します。

1.【エクササイズ1】

もう早速、お腹を引き締めるための方法を紹介します。

お腹を引き締めるなら当然ですが、腹筋運動をしなければ引き締まらないですよね。本当は細かく話すと腹筋トレーニングをしなくても引き締まるんですがそれはおいておきます。

まずは体験でもお話しする内容ですが、「呼吸」について。

現代人のほとんどが呼吸が浅い状態ですのでまずはここを見直しています。

呼吸がそもそも浅いと、代謝もできません。

弱っちいドライヤーで髪を乾かそうとするような感じです。

2.【エクササイズ2】

お腹と一緒に引き締めたいのは脚です。

脚が使われないと本当にお腹を引き締めることはできないのです。

なぜって?

より大きな筋肉を使ったほうが痩せるとかそんな理由では無いですよ(^^

トレーニングをしたことがある方は耳にすることもありますが、「スクワット」ってありふれた種目でも十分効果は現れますが、本当に効果を生み出せるのは・・。

内腿のトレーニングなんです!

例えば、「股割り」のトレーニングは非常に効果的です。そこに重りをかければ無敵な効果が・・・。でもダイエットをやめたくなる理由の中に間違いなくきついトレーニングが入ってきますので、なるべくなら負荷の少なく効果の高い方法を選びたいですね。

内腿のトレーニング画像

10kgの重りをかけた内腿に効かせるトレーニングです。自宅に器具があればできるかもしれませんね。

実はこんな大それた種目でなくてもできます。

3.【エクササイズ3】

脚を鍛えたのであれば最後に必要なのは背中です!

それは、背中はお腹周りと密接な関係にある為に必ず鍛える必要があります。

背中といっても逆三角形になるような筋トレではありませんのでご安心ください。

UCT鍼灸院・パーソナルジムは「自宅でもできる運動」をモットーにしていますので高負荷・高重量のトレーニングは一切ありません。

ちゃんと注目したい背中は「脊柱起立筋」

画像イメージ

この画像の背中や腰あたりの縦筋のことです。

ここまで鍛える必要は全くありません。適度に引き締められる方法をやるべきですので、SNSで流行っているような筋トレをする必要はありません。

確実に効果を出すなら例えばこんなセッション中の光景を紹介します。

画像イメージ

この画像では背中、まっすぐですよね(^^

ダンベルを持つ必要はありません!

個人的にはダンベル持って筋トレしましょ〜なんて言いたいところですが、本当にお腹周りを引き締めるならこんな体勢や動きが最高のチョイスです。

【どのくらいやればいの?】

1日15分以内でできる限りチャレンジしてみましょう。

もちろん休憩を挟みながら、その日の体調に合わせて行うのがベストです。

人により体の状態や動きは違いますので、これを見て試した結果痩せる人も多いですが、体がおかしくなる方もいらっしゃると思います。

今日ご紹介したトレーニングをベースに実践したお客様の頑張った結果を最後にぜひご覧いただき、今この記事を読んでくれているあなたも

「変われるかもしれない」

「やってみよう」

と思ってくれたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA