東村山・久米川のパーソナルトレーニングジム | UCT鍼灸院・パーソナルジム

筋トレと食事するならどっちが先?痩せやすい生活習慣を紹介します。

東京都東村山・久米川で人気のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼に関する情報を発信しています。

「食事って筋トレの前と後どっちがいいんですか?」という質問をよくお客様からされます。

どうせダイエット頑張るならちゃんと痩せられる方法を知りたいですよね(^^

気にしなきゃいけないことが多すぎるダイエットですが、本当に理にかなっている方法って数少ないので、

今回は食事と筋トレのタイミングについてはっきりとお伝えします♪

これさえ知っておけばいつ筋トレすればいいかわかるし、きっとがんばった分だけ効果が出るでしょう。

東村山で多くの女性のダイエットに成功しているパーソナルトレーニングジムUCTがわかりやすく解説します。

【食事は筋トレの前・後?】

早速ですが、答えからお伝えしたいと思います。

合っていた方は自信を持って欲しいし、違っていた人はこれからどうやって変えていけるかを考えていけば必ず何かが今とは変わってきます。

”筋トレは食事の前”

このように覚えておいてください♪

もうすでにそうやっている方でもなぜ筋トレが先にあるべきなのかってのをここから再確認してくださいね。

  1. 食後は筋肉への血流が減る
  2. 食後は副交感神経がメイン
  3. 胃に物があると単純に重い

食事前に筋トレを終わらせておいた方がいい理由としてはこのような理由が挙げられます。

私たちの体は体の中でニーズに応じて血流をコントロールしています。

食事をした後は消化・吸収をこれからしていかなければならないため筋肉に血流を回している場合じゃないんです。

よく食後2時間開ければ大丈夫って言う人もいますが、胃が消化にかけている時間はもっと長くて2〜5時間ほどの為、食事後のそれくらいの時間は内臓に血流を持っていかれているため運動には適しません。

自覚的には満腹感がおさまっていても、運動には適していないと言えます。

また、消化吸収は自律神経のうち副交感神経が強く働いていて筋トレ時に強くなる交感神経とは真逆になります。

食べた後早々に筋トレをすると自律神経のバランスも崩れやすくなるためストレスが絶えない現代人は慢性的な消化不良に悩まされる原因となるかもしれません。

「ああ、体によくないのね〜」て思っていただけたら幸いですし、もっと単純な理由があります。

食事を摂った後って単純に体重たくないですかって事です(^^;

食べた量にもよりますが、お昼ご飯や夕飯などそこそこ食べた後って体は重たいですよね。

そんな状態で筋トレをしっかり頑張れるかというとそんなことはなくって、むしろ動けないくらいの感じになっているでしょう。

せっかく時間をとっているのに本当にもったいないことになる可能性もあるので、筋トレは食事の前にやるべきとUCTではお客様にもお伝えしています。

【効果の出やすい時間帯って?】

食事って言っても朝昼晩の3回ありますよね。

その時間帯の前に筋トレをしておくのがベストなのかをさらにご紹介したいと思います。

”食事前にしっかり筋トレ時間が取れるところ”

と覚えて欲しいです。

今のあなたの生活習慣の中で食事前に一番筋トレができる時間が取れるところを探しましょう♪

そこでしっかりとトレーニングができていればOK♪

簡単って思いがちだけど、思った以上にしっくりくるタイミングを探すのは難しいもので多くの方はそこを見つけるのに苦労しています。

この記事を読んでくれているあなたもどこならできそうかなって考えたはず。

昼ごはん前は仕事しているし、夕食前もバッタバタ、朝は眠いし・・・・って同時に思ったはず。

最初はそれでも大丈夫だからここならこうできそう、これはだめだったなどと試行錯誤をしていけば必ずあなたができそうなタイミングを見つけることができます(^^

いきなりぴったりなタイミングを見つけるのは難しいので段階を踏んで徐々に腑に落としていきませんか(^^


今回はここまで!

”筋トレと食事するならどっちが先?痩せやすい生活習慣を紹介します”と題して筋トレは食事前にやることがオススメということをお伝えさせていただきました。

東村山で多くの女性がダイエットに成功しているパーソナルトレーニングジムUCTでも重要視している食事と筋トレのタイミング、うまく見直せている人が前に進んでいます♪

UCTではいつでも体験を受け付けておりますのでダイエットでお悩みの方はまずパーソナルトレーニング体験にお申し込みください。

Prev:不足しがちな鉄分を補うとダイエットはうまくいきます!その理由は
歳を重ねると痩せないってウワサって本当?知らないと損する体のシステム:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。