東村山・久米川のパーソナルトレーニングジム | UCT鍼灸院・パーソナルジム

肌トラブル、多くの人が使っているアレが原因だった?

東京都東村山・久米川で人気のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼に関する情報を発信しています。

マスクのせいで口の周りが赤くなってしまう、吹き出物ができてしまうって人最近とっても増えていますよね。

きっちり洗顔したり、保湿したりしているけど体質なのかなかなか治らないと悩みも尽きないものです。

日焼けや乾燥などで常にダメージを受けているお顔の皮膚って年齢を感じさせやすいですよね(^^;

しっかり自分でケアしているつもりでもやりきれていないスキンケアが原因で皮膚トラブルが絶えないですが、実はアレの使い方を見直してあげれば解決できるかもしれないのをご存知ですか?

東村山で美容鍼が人気のパーソナルトレーニングジムUCTがダメージを受けがちなお顔の皮膚を綺麗に保ち、肌トラブルを減らせるかもしれない情報をお届けします。

日常で何気なくしている事を見直すだけで全然違うかもしれませんよ♪

【何気なく使っているアレとは】

最初から期待を持たせてしまって申し訳ないのですが、見直してほしいアレとは私たちの生活では切っても切り離せないもので、切り離すことができないとっても大切な存在です。

それは”水”です。

料理をするとき、お茶を作るとき、お風呂に入るとき、顔を洗うときなど生活の様々な場面で使う水ですが、水道水を使っていることで起こり得る肌トラブルについてここからわかりやすくお話をさせていただきます(^^

皆さんもご存知の通り、水道水には”塩素”が含まれていて細菌や汚れなどを浄化・除去してくれるとても頼もしい存在ですよね。

日本の水道水に含まれる残留塩素濃度は法律で決められていて蛇口から出る水は安心安全って思っている人も多いはず。

それがちょっとそうでもないのよってお話です(^^;

まずはその塩素が大切なお肌にどのような影響を与えるかをご紹介します。

【塩素と肌トラブルの関係】

基本的には私たちの体に影響がないと言われているし、実際僕も30年以上水を飲んでいて命に関わる経験をしたことはありません。

これはあなたも同じだと思うんですが、ちりも積もれば理論で考えると肌へのダメージが年々蓄積していってもおかしくはありません。

日本の水道水の成分を決める法律では蛇口での塩素濃度は0.1ppm/L以上と決められているのですが、わかりやすくいうと細菌やその他の微生物からの感染を守ってくれる殺菌力とここでは理解していただけるとこの先が読みやすくなります。

この基準は生涯に渡り飲み続けても人体に影響が影響がない濃度として制定されていて多くの感染症が減ったのも事実ですが、繊細な肌にはそれなりのダメージを与えているかもしれないのも事実で、

塩素は細胞膜を酸化させて破壊するので、肌表面の皮膚細胞を破壊してダメージを受けやすくなり結果的に肌トラブルを招いている可能性があります。

これ、まずいじゃん!って話なんです(^^;

薄められてない原液の塩素が皮膚にかかると一発で化学火傷を起こすのですが、薄められたものが徐々に影響を及ぼす可能性があるって事。

もちろん人によりますので、必ずしも皆に当てはまるとは言えません。

しかしながら特に最近マスク生活などでお顔周りの肌は傷がついているから反応しやすくなっているかもしれないですね・・・。

ちなみになる話、水道水で野菜を洗うと栄養素が壊れます。

これは水道水に含まれる残留塩素が野菜のビタミンCなどと反応して中和されることによる反応と、単純に細胞膜壊れてしまったためということなんですが、

やっぱ肌への影響、ありそうですね。

【肌トラブル、体質や方法じゃなかった】

ここまで読んでいただいてなんとなく察している方もいらっしゃるかもしれません。

今まで気になっていた肌トラブルの原因は体質や洗い方だけではないかもしれないという可能性が出てきています。

”水道水で顔などを洗って残留塩素で肌をちょっとずつ傷つけていないか”という可能性です。

皮膚科医も現場でアトピーやアレルギー患者さんの生活指導をする中で水道水の使用を見直すように勧めていたり、海外の美容外科医も塩素が含まれる水を飲用したり使用することで皮膚の老化プロセスを早める可能性があると警鐘を鳴らしています。

これは僕の経験ですが、小学生〜高校生まで水泳をそれなりに頑張っていました。

多い時で週5回プールに入っていたのですが、髪の毛の色は少し抜け、キシみや肌の乾燥、発赤などが季節問わず起こっていました。

プールの残留塩素は約0.3~0.4ppm/Lに調整されていて、一般的な水道水の残留塩素と大差はありません。

水道水の基準は0.1ppm/L以上と説明しましたが、地域によって若干の誤差があり概ね0.1~0.4ppm/Lに保たれているのが一般的なため大差というか誤差はほとんどありません。

そんなプールは今でも大好きですが、ほとんど入らなくなり感じることは肌が綺麗になった事です。

その後の保湿や肌ケアもちょっと意識するようになったからというのもあるかもしれませんが、いずれにしろ塩素を遠ざけ、ちゃんとしたケアをすることが肌トラブル回避の方法と言えるでしょう(^^

【肌トラブル回避方法】

最後に肌トラブルを回避できるかもしれない方法をご紹介します。

  1. 洗顔・お風呂で使う水を見直す
  2. 肌のターンオーバーを促進する
  3. 肌ダメージケアをする

今すぐできることとしておすすめな方法を紹介します。

1.洗顔・お風呂で使う水を見直す

時間やコストはかかるかもしれません。でもその努力が肌のキレイさにつながるならぜひ試してみて欲しいと思います。

洗顔するときは煮沸後の水を使う、浄水器を買うなど様々な方法があります。

現に浄水器メーカーさんなどは取り付けることでのメリットとして肌トラブルの話をすることがありますから(^^

2.肌のターンオーバーを促進する

20代の頃は約1ヶ月で皮膚が入れ替わっていたものが、年齢を重ねると最大で倍近くまで遅くなると言われています。

古くなった皮膚を定期的に取り去るピーリングや正しい洗顔の知識も必要ですし、細胞自体を活性化させてターンオーバーの乱れを無くす努力が必要です。

いつまでも代謝していない古い細胞を肌に置いておきたくないですよね。

3.肌ダメージケアをする

肌トラブルを起こす原因は水道水だけではなく、紫外線や摩擦などもあります。

日々ダメージを受けているお肌をしっかりとケアしてあげることで様々なトラブルから守ってくれることでしょう。

日焼け止め・保湿・パックなどいろいろな方法がありますが、自己流になっているケースがほとんど(泣

正しくケアしていきたいですね。


実は肌トラブルを回避して、キレイに保てるアプローチを東村山のUCT鍼灸院・パーソナルジムは得意としていま

  • 美容鍼
  • フェイシャルエステ

この組み合わせ、控えめに言って最強です(^^

美容鍼は真皮層にある肌のキメ・ハリを保つための細胞の活動を促進でき、血流増進効果を期待できます。

これにより肌のターンオーバーは結果的によくなり、印象が大きく変わるだけでなく肌トラブルの解決に役立っています。

フェイシャルエステはベテランセラピストによる細やかな施術でクレンジング・ピーリングなどを行いキレイにした後、お肌に嬉しい美容成分を使ってフェイシャルアプローチ。

この二つのタッグでお客様からは、「肌トラブルが減った」「調子がいい」「キレイになったと言われる」と嬉しいお言葉をいただいています♪


今回はここまで!

”肌トラブル、多くの人が使っているアレが原因だった?”と題して水道水と肌トラブルの関係性などをご紹介させていただきました。

今、肌荒れで悩んでいる、最近フェイスラインが落ちてきた、くすんできたという方はぜひ見直してみてください♪

美容鍼・フェイシャルエステの体験はいつでも受け付けておりますので、お悩みがある方は今すぐ東村山のUCT鍼灸院・パーソナルジムまでご相談ください。

Prev:痩せるチャンスは朝にあり!変わった人は知っているモーニングルーティーンの作り方
自宅でいますぐできる筋トレでダイエットしよう♪全身引き締め5分エクササイズ。:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。