UCT鍼灸院・パーソナルジム 東村山 | 美と健康のトータルステーション

なんでダイエットならパーソナルトレーニング?運動苦手な人に教えたいコト

東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼に関する情報を発信しています。

パーソナルトレーニングを受けるのってどんな人なのってなんとなく考えたことありますよね。

有名人とかのごく一部の人がやっているものってイメージって拭いされないですよね。

今、空前の健康ブームで運動を2人に1人がしているって言われている中で、パーソナルトレーナーがいる意味ってなんだろうって考えました!

考えに考え抜いて、出た答えは

運動が苦手でダイエットが成功する自信がないって人には一番合っている存在なんです(^^

今回は、パーソナルトレーニングは本当はどんな人にうけて欲しい?っていうテーマでトレーナーをつける意味をご紹介します!

【トレーナーができること】

ちょっと質問があるのですが、パーソナルトレーナーに対して皆さんはどっちのイメージがありますか?

  1. 種目やフォームを正しく教えてくれる人
  2. いかに習慣づけができるかを一緒に考えてくれる人

ぶっちゃけますと、どっちも正解なんです。

でも1はYouTubeを見ればいくらでも出てきますから、もはやどんな種目だって安全にできていれば効果はさほど変わりません。

だったら2のほうが大切ですよね♪

ダイエットを1人でやろうとしていると大体の人が陥る現象を紹介しますね。

  • 本当に合っているのかわからない
  • 思っている結果が出ないと焦る
  • 気分に左右される
  • 時間を言い訳にする
  • わかっちゃいるけど現象が起きる
  • 毎月のことだからと諦める

ダイエットがつまずく理由ってトレーニングが効かないからとか、食事方法がとかじゃなくって、

ほとんどが“気持ち”に由来するんです。

だからそんな状態の人にトレーニングのフォームがとか、強度がどうのこうのって話をする事がお門違いなんですね(^^

ディズニーに行きたいって言っている人にひたすらUSJの良さを語って連れて行こうとするようなもんです。(どっちも良いところですよね)

そんな時って「いや違うんだよ」ってなっちゃいますよね(笑

実際、UCT鍼灸院・パーソナルジムにいらっしゃるお客様でも多くの方が最初にここでつまずきますし、

2020年の4〜5月の約2ヶ月間に家トレとかウォーキングやランニングを始めた方が今どのくらい同じ事が続いているかって考えてみると

もう結構多くの人がやめていると思います。

外での運動で何もお金がかからないならいいですが、そうじゃない場合もありますよね。

フィットネスジムに入会して1人で3ヶ月くらい頑張っても変わらなかった方が多くUCTにいらっしゃっているのですが、

そこまでにその方は

  • 約2160時間
  • 約3〜4万円の会費

を失っています。

見た目もよろしく新しくウェアーやシューズを買っていた場合、初期投資はもっと膨れます。

やめちゃったら、そこまでかけた時間とお金と労力がもったいないですよね(TT

これらを失う原因はもうお分かりですよね!

そう、”気持ち”ですよ!!

ちょっと困っている時にすぐに聞けるトレーナーがいて、一緒にどうやったらできるかを考えてくれるって

結構いいと思いません?

  • 食事がうまくいかなかった
  • 運動できなかった
  • 疲労が取れない
  • トレーニングに慣れちゃった

などのほんのちょっとのことまで話せるんですよ(^^

まあ、毎日トレーナーから連絡きたらちょっとめんどくさいと思いますので僕の場合は随時やってます♪

お客様からは、いつでもって感じですね!

ちょっと長くなりましたが、パーソナルトレーニングでトレーナーをつける意味ってなんとなく伝わりましたでしょうか?

”運動が苦手だなって思う人がダイエットしてつまずきそうになったら、どうやったら習慣になるまでをサポートしてもらえるから”

これに尽きます♪

今回はここまで!

東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」では、人数を限って入会を受け付けております。

より多くの方にパーソナルトレーニングを受けていただきたいのですが、ここまでお話しした内容をちゃんとやるために、

限っています。

ご相談はいつでも受け付けておりますので、まずは気軽にお問い合わせください(^^

Prev:腸活ダイエットのススメ。これであなたも痩せるかも!
猫背・反り腰、一気に姿勢改善するなら呼吸を見直そう!:Next

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。