東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼・ヨガに関する情報を発信しています。

暑くなってくると、腕を出す洋服が増えますよね。

我慢して長袖を着ていると、もう暑くて汗びっしょりになったりして(^^;

こんな時に短い袖の服を着こなしている人見るとちょっと羨ましくなったりして。

暑い時期が近づいてくると「腕のたるみが気になるんです」と言うご相談をされるお客様がパーソナルトレーニングジムでは増えます。

いや本当はいつでも引き締めたいと思っているんだけど、危機感を感じるのがこの季節って感じかもしれませんね!

にの腕を引き締めるために大切なコツってあるのをご存知ですか?

あっという間に引き締めたい人にこそ知って欲しい眼から鱗の情報を今回はご紹介します♪

コレを読めば、トレーニング種目の選び方が変わるだけでなく効果が出るスピードがまったく変わると言う事です!

最後まで読んでくれた方には二の腕を引き締められる最高のトレーニングをプレゼントしますので、ぜひご覧ください!

早速紹介します(^^

【にの腕トレーニング】

たるんだ腕、振袖のように揺れるお肉をどうにかしようと日夜努力をする人が多くいらっしゃいます。

余談ですが、「二の腕 引き締め」と検索すると200万件以上のページがヒットします。

さらには関連するキーワードには「グッツ」や「サポーター」などがヒットしているだけでなく「筋トレ」とも検索されているところから見ると

なんとかして引き締めようとしていることがわかります。

今から紹介するのは筋トレの種目を選ぶ際のコツって感じなのですが、とっても重要なことで、ちゃんとやり始めると2週間ぐらいでも腕まわりの印象が随分変わってくれる画期的な方法です。

さて、そんな画期的なコツですが

答えから言うと、肘の曲げ伸ばしのトレーニングだけでは引き締まりにくい!

なので、肩や背中と一緒にトレーニングしてあげると最高!とパーソナルトレーナー糸賀裕は断言します(^^

ちょっと下の図を見てください!

にの腕の構造

これはにの腕の”上腕三頭筋”の解剖図なのですが、肘を伸ばしたりする作用がある筋肉なんです。

正直、結構小さな筋肉なんですよね。

あと、筋肉の端っこには必ず腱があって、肘よりの方にはでっかい腱の塊があります。

腱のあたりってどれだけ動かしても細くならないんですよ!

だから肘の曲げ伸ばしがメインのトレーニング種目は痩せにくいんです。

そして腕の筋肉がちっちゃくですが肩甲骨にくっついているのがわかるかと思います。

腕は腕で!みたいなイメージ強いんですが、結構多くの関節をまたいでいるのでより大きな筋肉と一緒に使ってあげる方が引き締まりやすいんです。

そう考えると背中とか肩のあたりの筋肉になりそうですね♪

【引き締めのコツ】

背中とか肩とかを同時に使わなきゃいけないのね!ってことがちょっと伝わったところで、一体どんなトレーニングをしたらいいのかわからないよ!と思った方もいるでしょう。

たとえば、高いところに手をかけて登るクライミングみたいなスポーツや赤ちゃんのハイハイみたいな動きがよかったりします。

細かい話は今回は省きますが、トレーニングマシンやダンベルトレーニングって現代の人間が体の解剖学や運動学を駆使して

”考え出したもの”なんですよね。

でももしそれが本来の”用途”と違っている筋肉の使い方をしているとしたらどうしますか?

当然正解だと思ってる事をちょっと違った視点から見てみると、先ほど紹介したようなトレーニング方法になって

それをやってみたUCT鍼灸院・パーソナルジムのお客様は腕が細くなっています(^^♪

【最高の引き締めトレ】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ここまでに紹介した内容を元に選び抜いたトレーニングの動画をプレゼントいたします!

決して簡単なトレーニングではありませんが、ちょっとトライしてみてください(^^

UCT鍼灸院・パーソナルジムでは、現在換気や衛生面に配慮しながら営業をしております。

随時、ご相談を受け付けております。

下記のボタンをクリックしてから、まずはあなたのお話をお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA