東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼・ヨガに関する情報を発信しています。

戦士のポーズ

時間がないから短時間でちゃんと効くトレーニングを教えて!

引き締めたいところがいっぱいあるけど、種目数が多いのはちょっとね・・・。

そんなご相談をよく受けます(^^

パーソナルトレーニングをやっていると色々な種目を思いついたりする事があるのですが、ヨガにもヒントを得る事があります。

効果のあるトレーニングって人それぞれ違うのですが、

安全にできて、しかも効果がしっかり見込める全身運動ができるヨガを今回は1種目紹介したいと思います。

個人的な感覚ですが、トレーニングってダラダラ長くやるもんじゃないと思うんです。

短時間でもしっかりと聞かせる事ができれば効果や結果は伴います♪

実際、僕のパーソナルトレーニングでも1日15分ほどは運動しましょうねとお伝えしているのですが、

有酸素運動60分!みたいなすっごくシンドイようなトレーニングはありません。

(正確にいうと、有酸素運動は必要ありませんとお伝えしています)

そんな中、このヨガのポーズは結構効果的じゃん!と僕が思えたものをUCT鍼灸院・パーソナルジムのヨガの先生にお願いして動画にしていただきました。

たった2分の動画ですが、真似しながらやってみて下さい!

結構、効きますよ(^^

【超有名なポーズ】

今回ご紹介するのは、”ヴィラバドラー2”というなんだか強そうな名前のヨガのアサナ(ポーズ)です。

CMとかでもよく見るし、別名”戦士のポーズ”とも言われるものです。

動画は約2分、説明をしながらポーズをとっていますので、まずはやってみましょう♪

〜効果〜

  • 運動不足解消
  • ももの引き締め
  • 体幹の引き締め

いやもう、なんて嬉しい効果なんでしょうか!

たった30秒ほどの時間で足先から背中、腕周りにも程よい疲労感が得られるこのポーズですが、

膝は爪先よりも手前になるようにしておきましょう。

また、キープ系の種目は結構強度が高いので少しずつ強度をあげることをお勧めします(^^

僕個人の考えですが、両手両足を開くポーズは体のエネルギーの流れを活発にしてくれるのではないかなと考えています。

これは東洋医学の考えに基づいているのですが、経絡(エネルギーの流れ)が活発になり

冷えや、むくみなどにも効果が見込めそうだなって思っています。

(何を隠そう鍼灸師なので、そんな考えに至りました。)

さて次章では、この戦士のポーズをトレーナー的に解説しちゃいます。

どのくらいの角度を保った方がいいのか、どうしたら一番効くのかなどをわかりやすく説明します!

【ポーズを現代的に解剖】

ここからは、どんな場所を使ってこのポーズをとっているのかをご紹介します。

なんとなくそれを知っておけば、効果は倍増する可能性も秘めています!

「全身使ってますよ」なんて最初にお伝えしていますが、特に使っている場所を紹介します。

■もも■

内腿、ももの裏を中心にかなり力が入っています。

膝が前に出てしまうと、ももの前が強く疲労して来るのでフォームに注意ですね♪

■お尻■

前に出している方のお尻がとっても使われています。

腰の落とし方にもよりますが、しっかり腰を落とした方が効果的です。

ここでも膝に注意ですね!

■背中■

足でしっかり体を支えた上で、背筋をピーンとしているので背中の筋肉を使っています。

細かくいうと背中の筋肉って複雑なので、腰から背中あたりが疲れる感じがする方がほとんどではないでしょうか。

■腕・肩■

両手を広げてキープするため、結構シンドイ場所かもしれません。

ただ、背筋が丸まっていると肩だけになったり、首がきつくなったりするので注意が必要です。

これら4つの部位を中心に意識をしてみると、ほんの30秒ほどかもしれませんがとても効果が期待できるのではないでしょうか(^^

まずは、チャレンジ!

うまくできなくても大丈夫なので、動画をみながらご自分の体にアプローチしてみてください。

きっと何か得るものがあると思います!


さて今日はここまで戦士のポーズで全身をトレーニングしよう!というテーマでお伝えしてきました。

動画のリクエストやご感想はいつでも受け付けておりますので、気軽にメッセージをお送りください♪

(リクエストはこちら

では、また次回以降もお楽しみに(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA