東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容鍼・ヨガに関する情報を発信しています。

デスクワーク

座りっぱなしって案外楽ではないですよね。

なんとも言えない違和感がずっと腰にある感じ、しますよね。

できればすぐにスッキリして、目の前の事に集中したいですよね。

今回はデスクワークなどが原因でなんとも言えない腰痛に悩んでいる方に、東村山のパーソナルトレーニングジムUCTの糸賀裕が

座りっぱなし腰痛に効くトレーニング方法を紹介します。

特別な器具や、スペースは必要ありませんので仕事の合間にコッソリばれずにできちゃう方法です(^^

またデスクワークに限らず姿勢で悩んでいたり、同じように腰痛で悩んでいる方には有効なトレーニングです。

今までにご自身の立ち姿勢や座っている姿勢が、「猫背だなぁ」と一度でも思ったことがある方は

今回紹介する方法を試してみてください。

【腰痛をなくす方法】

すぐにその辛い腰痛をなくすためにできる方法って結構色々ありますが、今回ご紹介するのはトレーニング方法です。

「きついやつ?」

いいえ。違いますのでご安心ください。

それではまずは動画をご覧いただいてから、この先のお話を進めていきたいと思います。

〜目次〜

  • 今日のテーマ(00:8)
  • 使う場所を説明します(01:52)
  • トレーニング実践(02:52)

音声つきで動画をご覧になれなかった方のために簡単にトレーニングの手順を説明したいと思います。

■手順■

①イスに背筋を伸ばして座ります。できれば、骨盤を立ててあさく腰掛けましょう。

②両手をデスクの上に置き、押さえ込むように下に押す。

③手でしっかりデスクを押さえながら、背筋を天井に向かって伸ばす!!

簡単な3ステップで背筋に力をしっかり入れることができ、デスクワークで衰えがちな筋肉にアプローチをすることができるようになります♪

やってみて「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、これ以上のことはオフィスなどでは目立つのでできませんし、

時間も労力も必要になるので、やらずじまいなんてことが起こりますので

これで十分です(^^

次章では、腰痛対策にこのトレーニングがなぜ必要なのかをご紹介したいと思います。

根本から腰痛を解決するための方法が知りたい方はぜひ読んでください。

【腰痛になぜ筋トレが必要なのか】

腰痛にはマッサージをしたり、鍼灸をしたりとケアの必要を感じる方も多いかと思います。

どうしようもないくらい辛い症状であれば優先して治療を行うことがベストですが、ある程度我慢できる範囲のものは

簡単なトレーニングをして、筋肉の活動を回復させてあげる事も大切になります。

本来、腰の筋肉の働きは座って作業することを想定して発達はしていません。

なぜかというと、椅子というものができたのは様々説はありますが紀元前4000年ごろのエジプトだと言われています。

お察しの通り、王様が座って権力を示すものでした。

その後、ヨーロッパでは比較的早く普及したとされていますが日本で使われるようになったのは明治の文明開化以降の話だとされています。

人類の祖先が誕生したのが6500万年前とされているので、とんでもなく長い間にわたり椅子に座るという事はなかったのです。

日本で言ったら大衆に広まり、椅子に座るようになったのが明治時代なので

ほぼ最近まで椅子に座るなんて生活はしていなかったんです。

かかとに体重がかかって始めてちゃんと働く我々の背筋ですが、長時間座って背筋を保ち続けることは

運動学や進化・発達の観点から見て不可能!!

と言わざるをえません。

なので、座る事が多い生活様式の方は筋肉が衰え猫背になりやすく、姿勢が悪くなり、腰痛になってしまうケースが多いんです。

それを少しでも改善できるかもしれないのが、今回ご紹介した腰痛対策のトレーニングという事になります。

トレーニングができる環境の方は、この背筋をどんどん鍛えておいて損はありません(^^

今回ご紹介した方法は誰でも簡単にできる方法ですので、運動が苦手な方にはとっても有効ですが、

根本からしっかり解決してあげるなら、

ちゃんとあなた専用のトレーニングメニューを組む必要があります♪

腰痛の原因になる仕事を辞めるわけにはいかないから、その大変な仕事を少しでも楽にするために

トレーニング、してみませんか?


今回は、腰痛対策のトレーニング方法を1種目ご紹介させていただきました。

現在、リモートワークや度重なる疲労で腰痛に悩んでいるというご相談が多く寄せられています。

治療と運動を掛け合わせているUCTのアプローチでお手伝いできる事が多くありますので、

まずはお気軽にご相談ください。

詳しいお問い合わせ方法は下記の手順を参考にしてください。

  • お問い合わせページにアクセス
  • 必要事項を全て記入
  • 送信ボタンを押す

これで完了です。UCTからの返信をおまちください(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA