東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容に関する情報を発信しています。

今回、最高のリフレッシュ法をご紹介するに至った理由は一つだけ。

パーソナルトレーニングに来ていただけるお客様だけでなく、世の中全ての方が今現在多くのストレスを仕事・家事・育児だけでなく新型感染症により抱えているから。

健康維持に携わるパーソナルトレーナーとして、いますぐ簡単にできるリフレッシュ法をお伝えします。

【〇◯を意識するとリフレッシュできる】

簡潔にすぐできる方法を紹介したいと思いますが、まずは1つだけ重要なキーワードを紹介させてください。

■キーワード:「今という時間」■

不安やストレスを抱えていると、時間軸の中で「今」と言う概念が置き去りにされることが、脳科学や精神衛生の研究でわかっています。

確かに自分のこととして思い返してみると、何か不安を抱えているときって後悔やこれからの事ばかり考えてしまいますよね。

「ああ、なんであの時・・・」

「これからどうしよう・・・」

「なんでこうなるんだ・・・」

このようなことが頭の中で無限にループしたことってありませんか?

私たちはどのような時でも今を生きていますので、過去や未来に時間がセットされた思考を繰り返すことで今現在の自分の対処ができなくなるそうです。

これはメンタルヘルス上非常に懸念するべき状況で、新型感染症による気持ちの疲れもこれに当てはまります。

最近に限ったことではありませんが、以下の項目に当てはまるものがある方は今という時間ではなく、過去や未来の時間に思考回路がセットされているかもしれません。

  • 色々考えちゃって寝付きが悪い
  • 他の人の話があまり入ってこない
  • ミスが続く
  • 些細なことでイライラする

このような状態の場合、脳の中では正常なサイクルが行われていない可能性があり長期にわたり継続すると人間らしさや理性を失うと言われています。

つまり思考の時間軸をリセットすることが非常に重要なんですね。

そうなる前に、「今という時間」を意識したリフレッシュ法を試して不安やストレスが絶えない世の中を乗り切りましょう。

【リフレッシュ法の実践】

やり方は簡単です。通勤中でも、自宅でも、就寝前でもいつでも実践することができます。

この方法をパーソナルトレーニングのセッションでご案内して、体の力が抜けて柔軟性が向上したお客様が大勢いらっしゃいます。

私は気持ちも体も大丈夫と思っていても、無意識のうちに脳がそのように思わせている場合が多いので、まずは試してみてください。

■ステップ1■

目を瞑って呼吸をしましょう。特別な呼吸をする必要はありませんので気楽に構えてください。

どんな姿勢をしてもどこで行っても大丈夫ですし、力をいれる必要もありません。

■ステップ2■

呼吸を続けながら自分の体のパーツに意識を向けてみましょう。

右足の親指ってどこかな、背中ってどのくらい曲がっているかな、体はどちらに傾いているかな、お腹が鳴っているな・・・などなど今現在進行形で起こっている事に意識を向けてみましょう。

それをしばらく続けます。

■ステップ3■

この方法を実践する条件を揃えましょう。

通勤中、帰宅後、就寝前など必ず条件を決めて毎日行ってみてください。

【過酷な環境の人もやっている】

ここまで紹介した方法は、アメリカの大企業のCEOもやっているそうです。

また方法は違いますが、気持ちの切替をするということをとても大切にしている人たちがいます。

とある記事で潜水艦の元艦長が長期航海における乗員のメンタルヘルスについてお話をしていました。

日本の潜水艦技術は最先端と言われ、最新鋭の艦種だと最大で1ヶ月近くも浮上せず潜航することが可能と言われています。

その間、自由に連絡は取れませんしお喋りすることもできません。もちろん太陽をみることができません。狭い空間でストレスに長期間曝されるので、乗員の適性となるのは楽天家が多いそうです。

それでも気持ちも体も押さえ込まれる状況が続く場合、精神的に病んでしまう方がいるため、常に大切にしていることがあるとそこでは語られていました。

  • 上下関係でも積極的に意見交換
  • 自由時間には全く関係ない事に時間を使う
  • 相談できる相手が常にいる
  • 食や睡眠を大切にする

結構、基本的な事なのですね。


ここまで最高のリフレッシュ法として、呼吸と体を意識する方法をご紹介させていただきました。

ぜひ、今日からやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA