東京都東村山市のパーソナルトレーニングジム「UCT」の糸賀裕です。ダイエットや美容に関する情報を発信しています。

腰痛イメージ画像

「最近太っちゃったから運動したいんだけど、膝や腰が痛いからできないのよ」

「体がすっごく重たく感じるのよね」

「できない動きがいっぱいあってね」

このようなご相談をパーソナルトレーニングをまだやったことない方から受ける事が多くあります。

確かに痛いところがあるとダイエットなんて無理って思っちゃうかもしれませんよね。それでも太る前にはけていたズボンなんかをいつかはけたらと思いつつ、新しく買うズボンのサイズがどんどん大きくなっていませんか?

もしかしたらまだ一般的には痛みのリハビリとダイエットのためのトレーニングって別物って思われているかもしれませんが、実は同時にできるんです。

今回は、長年にわたり膝腰の症状に悩んでいる方でもできるダイエットの流れを実例も交えて紹介したいと思います。

今でもダイエットとリバビリを同時にアドバイスできるトレーナーもしくは治療家がとても少ないので別々に取り組むものとして捉えられがちでしたが、

今回の記事をお読みいただければ、現在膝や腰の痛みを解決しながらダイエットする方法がお分かりいただけると思います。

もし、膝や腰の痛みを抱えていてダイエットを諦めているのならまずは読んでみてください。

1【60代女性の例

お客様の声「土曜日、トレーニングの後体が軽くなった感じで、自転車も軽やかにこげました」

このような連絡がUCT鍼灸院・パーソナルジムに現在通っていただいている60代のお客様からLINEで届きました。

ダイエットが目的で入会されましたが、カウンセリングで腰や膝が痛いこともわかったためそれも同時に改善が目指せるトレーニングを紹介し始め2回目のレッスンが終了した後にきたご連絡です。

レッスン当日には2回目にもかかわらず、膝腰の痛みがあまり気にならなくなったとおっしゃっていたので、細かくポイントをお伝えできてよかったなと個人的には嬉しくなりました。

ちなみにご家族には全体的に少し痩せてきたんじゃないのかな?って言われたそうです。
確かにその日の計測では体重が-0.8kg、ウエスト-0.6cm、太もも右-1.5cm、左-0.7cmほどの変化が生じていて姿勢も確かに変わっていました。

初回→2回目の変化

■実践したこと■

トレーニング風景

例えばこれは内腿のトレーニング&ストレッチですが、このお客様にとってはとても重要な種目です。


柔軟性を高めながらも無理がなく筋力向上が目指せるよう徹底して動き方のアドバイスをしています。

さらに膝腰の負担を減らすなら重要なのが体重の管理が必要なので、食事のアドバイスはお会いした時を中心に特にポイントをお伝えしているだけでなくオリジナルの食事冊子をお渡ししてご自宅でもチェックしていただいています。

食事のアドバイスで使う冊子の画像

極め付けには、トレーニング終了後には膝をほぐし正しいストレッチ方法もお伝えして負担が残らないように最新の注意を払っています。

まだ2回目が終了したところですが、このような変化が出るのはお客様の努力です。

ご自身の体に”治らなきゃ”と思わせるスイッチを入れられるのは、マッサージだけではなく体を正しく動かすトレーニングが絶対に必要になります。

■セッション3回目■

3回目のパーソナルトレーニングを終了しました。今回も食事のタイミングや量などについて詳しアドバイスさせていただき、その後にトレーニングを実施しました。

2回目→3回目

●変化値●2020.3.12

  • 体重-0.9kg(前回比-0.3kg)
  • ウエスト-1.5cm(前回比-0.9kg)
  • 右太もも-2cm(前回比-0.5cm)
  • 左太もも-0.5cm(今回変化なし)

今回、姿勢がかなり変化しているように見えます。

ご本人も、なんだか体に力が入っている気がするとおっしゃっていただいています。

少しずつでも、慣れていないトレーニングにチャレンジしていただいているので毎回前進しているのがわかるだけでなく、数値にも現れ始めてるのではないでしょうか(^^

また気になったことはすぐにご質問いただけるので、その場で解決することができています。

■セッション4回目■

1回目→4回目

●変化値●2020.3.19

  • 体重-1.5kg(前回比-0.7kg)
  • ウエスト-3.0cm(前回比-1.5cm)
  • 右太もも-2.7cm(前回比-0.7cm)
  • 左太もも-1.0cm(前回比-0.5cm)

3回目のパーソナルトレーニングが終了してから食事方法に関していろいろご質問をいただけました。

一気に完璧にできなくても徐々に変化させていき、パーソナルトレーニング終了時に習慣になっていれば嬉しいです。

■セッション5回目■

●変化値●2020.3.26

  • 体重-1.8kg(前回比-0.3kg)
  • ウエスト-4.5cm(前回比-1.5cm)
  • 右太もも-4.0cm(前回比-1.3cm)
  • 左太もも-3.0cm(前回比-2.0cm)
トレーニング風景

先日のセッション終わりにいただいたメッセージで、50kgの時にはけていたズボンがはけたとおっしゃっていました。

周りからも、過ごしずつ「痩せた?」と聞かれるようになったそうです。

引き続きセッションの経過は追加していきます!

2【同時のメリット】

膝腰の痛みの改善と、ダイエットは同時にできるということをお伝えしたく、1章ではお客様の実例をご覧いただきました。

ここからは、メリットについてもう少し詳しくお話させていただきたいと思います。

痛みを出しにくくするのも、引き締めるのも筋肉だから膝腰のケアとダイエットを行うべきなんです。

〜その痛み、ほぐすだけでは治りません〜

腰痛や膝痛を抱えながらのダイエットでまず大切になるのは、トレーニング中に痛みがや違和感が出ないようにすることです。

(それができれば苦労してないよ!というツッコミお待ちしています)

そのために、ほぐして良い状態を作ることは大切ですが、それだけでは治ったことにはなりませんよね。

その場ではほぐれて軽くなったり気持ち良くてなんか気が紛れるかもしれませんが、また時間が経てば戻ります。

長い間、積み重ねてきた生活習慣により今悩んでいるような症状が出ているので、ぎっくり腰や打ちみ以外の場合はどれだけ治療をし続けても必ず同じような症状を繰り返してしまいます。

腰や膝で支えられていないので痛みや緊張を生み赤信号を出しているのに、ほぐしてしまうことでその支えも無くなり、もっと緊張して固めちゃうという無限のサイクルにハマっていると言えます。

過剰反応っていうか、現状復帰っていうか・・・。体って意外と融通効かないんですよね。

だから運動がちょっと嫌いって人でもある程度は自分の体を支えられるようにトレーニングをしておかなければいけないんですね。

〜トレーニングはこんな感じ〜

トレーニングと言ってもすごく難しい方法ではありません。

道具を買う必要もないあなたの身一つでできるトレーニングです。(エクササイズ・体操も同じ意味と捉えてください)

1章の写真のトレーニングなど、どこかでみたことあると思いませんでしたか?

よく「もう少し症状が落ち着いてから」という事を言う方がいらっしゃいますが、ここまで読んでいただけた方ならそれはもったいないということに気が付きますよね(^^

今や脳卒中も手術の翌日から動く時代です。トレーニングをせずにその腰痛や膝痛の症状が落ち着くのを待っていると錆び付いたように動かなくなるでしょう。

そうなってからでは、ダイエットどころではないですよね。

せっかくこの記事を読んでいただいているので、腰痛や膝痛にはこれだ!というようなトレーニングを紹介したいところです。

でも残念ながらそういったキャッチーな題材とともに紹介されているトレーニング種目は悩んでいる方それぞれの状態は考えていません。

ちょっと強い言い方になるかもしれませんが、合わないことの方がほとんどです。

「テレビに出る人の言うことは本当だろう」「有名な人だし有名人も見ているし」と情報を鵜呑みにして余計不調をきたす方、多いんです。

テレビをよく見る、健康情報に敏感な方は要注意です。

残念ながら、テレビの向こうの教えてくれる人は一視聴者のあなたの今の状態や生活習慣を知らないのであくまで、こう言う人が多い!と紹介しながら

「これ。私だ」と思わせるやり方に過ぎないんですね。

僕もよく引っかかりますよ?テレビ通販とか。

つい買っちゃうんですよね(^^;

3【同時にやる注意点】

症状や数値が変化するまでにはある程度の時間がかかることををご自身で許してあげてください。

壊れたお家って3ヶ月じゃ治りません。

仕事場に新しく入った新人さんだって、3日じゃ仕事ができるようになりません。(できたら怖い)

変わるのには時間がかかりますよね。

どうしても痛ければ、痛みどめを飲むことも私はいいと考えています。
痛みにより日常生活がままならないなら、飲むべきです。

しかしそれは最終手段として取っておいてください。
痛みどめを服用し過ぎて効かなくなってしまった方が多くいらっしゃるんです。

飲んでも効かないから、勝手に量を増やしてさらに効かなくなっちゃいます。

長年かけて出来上がった今の状態のあなた、元に戻るには時間がかかりますし痩せるのにも時間がかかります。

お医者さんに行ってもらった薬で楽になった・・・しつこいようですが治ってません。

それでも最大限のスピードで変化するように頑張るのが私たち治療家でありパーソナルトレーナーです。

まだ今日ご紹介したような方法を実践できるトレーナーや治療家は非常に少ないので、もし今まであちこちで色々試したけど痛みも引かない、痩せもしないと悩んでいたら

UCT鍼灸院・パーソナルジムにご相談ください。

いつでもお答えいたします(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA