おはようございます。UCT鍼灸院・パーソナルジムの糸賀裕です。

東京都東村山市の治療院併設型パーソナルトレーニングジムで日々ダイエットや体のケアを通じお客様に幸せを提案しています。掲載記事はこちらからご覧ください。

健康寿命に関するイメージ

「健康寿命」

というワードを耳にしたことはありますか?

大きな病気も無く怪我をしたことがあっても日常生活を続けていかなければいけないですよね。当たり前のように健康な生活を送れると思っていても、細かい悩みは尽きないものです。

そんな些細な悩みでも溜め込んだり放っておくと健康寿命が短くなったり、突如として終わってしまうかもしれません。

  • 腰はずっと痛いのよ
  • 膝が曲がらないの
  • 肩がここまでしか

長い期間そんな症状とともに生活していると、慣れてしまってまるでお友達のように感じてしまうものですが、それがもし気にならなくなったらどんな生活が待っているのでしょう。

今日は、

小さな信号を見逃さずに10年後も趣味・仕事などを楽しくできる為に何が必要かをお伝えします。

画像イメージ

1.【健康寿命の罠】

UCT鍼灸院・パーソナルジムにいらっしゃるきっかけは様々なのですが、かなりパーソナルトレーニングという言葉や内容が世の中的に浸透してきている今でさえ、本当はどんなことができるのかあまりよくわからないという方も多くいらっしゃいます。

入り口は様々で「体を引き締めたい」というご希望を持っていらっしゃる方や「膝が歩いていると痛くなるからどうにかしたい」という方まで様々です。

まずは健康寿命とは何かを簡単に説明すると、平均寿命のうち、健康で活動的に暮らせる期間の事を指しWHOが提唱する指標のことで平均寿命から、衰弱・病気・痴呆などによる介護期間を差し引いたもののことを指します。

そして健康とは病気でないとか弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にも社会的にもすべてが満たされた状態にあることを指します。

あくまでイメージですが、自然にこんなジャンプができちゃうようなメンタルや体力がある状態とでもいいましょうか。

日本人の健康寿命についてもう少し掘り下げると男性が72歳、女性が74歳というデータをとある機関のサイトで見つけたのですが、本当にそうなのかなと個人的には疑問に思っています。

例えば下のような状況に当てはまるのかそうで無いのかをチェックしてみてください。

  • かかとをついてしゃがめない
  • 服の着替えで肩が上がらない
  • 不意な動作ができない
  • 出かけると前より疲れる
  • 肌質の悩みがある
  • 写真に写る姿勢が気になる
  • 健康診断の数値が引っかかる

このような状況はどんな年代でもあり得るものですが、特に年齢を重ねるほど体感している方もいらっしゃるかと思いますが、ここで先ほどの健康寿命に関する概念を思い出していただければと思います。

平均寿命のうち健康で活動的に暮らせる期間を健康寿命と定義していますが、着替えが大変、出かけると疲れる、悩みがある、健康診断の数値に問題がある状態をいい状態と言えるのかなとどうしても考えてしまいます。


2.【まずは自分自身に理解を】

たとえば、どこかが痛くなったり調子が悪くなったりしたら病院に行きますが、そこで時間をかけて順番を待ってやっと呼ばれたと思ってもささっと診療は終わってこんな事をドクターから言われた事ありませんか?

  • 特に異常がありません
  • 様子を見ましょう
  • 加齢によるものです
  • 体重を落としましょう
  • 食生活には気をつけてください
  • 念のため薬を出しましょう

ありがちなワードですが間違えでは無いですが正解でもないと思うんです。なぜかというと、画像所見では異常がなければ異常なしですし、今の段階ではっきりした確定診断ができなければ様子を見るしかないのです。

状況から見て、加齢によることも考えられるし体重を落とせば色々な問題が解決する可能性があるだけでなく、万が一を考えると薬を出しておけば多少のことはなんとかなる。

でも、それって現段階では「わからない」からなんですよね。

例えば今もし腰痛を伴うしびれやだるさを抱えているとします。病院に行きレントゲンの所見では異常は見られないと言われ、薬や湿布を処方されたとします。

画像イメージ

異常ないって言ったって”痛い・だるい・痺れる”って思いませんか?薬が出たとしても根本の解決にはなりませんよね。

肝心なのは、なぜそのような痛みや不調が出てしまうのかを探すことにありますので、極端な話をすればドクターから病気のお墨付きをもらいその場しのぎの薬をもらうことでは無いと思うのです。

臭いものには蓋方式を続けるなら薬を飲み続けるのはアリですが、実際にUCT鍼灸院・パーソナルジムのお客様の中には毎日飲んでいた痛み止めをやめたところで痛くならなかったという方も多くいらっしゃいます。

どうしても必要であれば薬なども併用しながら「どのような事をしたらその悩みを解決できるのかを知り、実際に取り組む方がポジティブだよね」という事をおっしゃっていた方もいらっしゃいます。

不調や痛み悩みを我慢する必要はありませんし、解決方法を提示してもらえないのに病院に通い続けたりするのはもったいないと思います。


3.【解決の糸口は何か】

では実際にUCT鍼灸院・パーソナルジムにご来院いただき、前項までに挙げた悩みを解決した方はどのような事をしたのでしょうか。

ちょっときつい表現に思えるかもしれませんが、不調を抱えカウンセリングにいらっしゃったお客様には

「今の悩みを解決できるのはあなた自身です。僕はそのガイドをし応援します」

とお伝えさせていただく事があります。日本は現在、国民皆保険制度を取っていますので必ず健康保険に入っていますよね。大抵のことであれば保険が助けてくれますので、どちらかというと受け身体質と言えます。

治してもらえるのは、外科的疾患で言えば手術をした時くらいでしょうがそれですら術後の経過で違和感が抜けないなどの症状があるくらいです。

そのような状況で毎日どれだけ悩みを少なく過ごし楽しむかが大切になりますし、それだけでは収まらずに解決する方法は何かを探して自身で実践してみる事が大切なのではないでしょうか。

腰が痛いなら、負担がかからない動きを覚えるだけでなく痛みは施術で取り除く努力をするし支えるための運動を習慣にしていただきたい。

内臓や肌に悩みがあるなら、食事を見直すだけでなく疲れをどのようにしたら取れるかを覚える。

どうしてもできない動きがあるなら、代替えになるような動作とは何かを覚える。

もし今日知ったエクササイズで少しでも動きや姿勢が変わった、食事を変えてみたらお腹がスッキリしたというほんのちょびっとの変化が積み重なると3ヶ月後には違う自分が待っているかもしれません。

今日より明日の方が確実に年をとっていますので何か対策をするのであれば明日より今日が良いと言えるのではないでしょうか。

10年後も健康寿命を保つために必要な力とは

  • 積み重ねの力
  • 情報を入れる力
  • 自分を客観視する力

なのではないでしょうか。

もし、今日のブログ記事をご覧いただき何だとしてもちゃんと解決しなければいけないと思っていただけた方は、ぜひ相談のご連絡をお待ちしております。


10月の体験

カウンセリングの

予約を受付中!!

画像イメージ

通常¥5000(税抜)→¥2500(税抜)

ですが、当日にご入会されると

体験料もキャッシュバックいたします!

非常にお得なキャンペーンをいますぐご利用ください!

(HPキャンペーン情報はこれから更新します)

先着5名様のみ!

必要事項を入力の上、送信してください。