こんにちは。東京都東村山市の治療院併設型ジムのUCT鍼灸院・パーソナルジム代表トレーナーいとがゆうです。

連日テレビや雑誌、ネットでも話題のあの「タピオカミルクティー」ですが飲んだことある方も多いと思います。流行りのお店があって、インスタ映えするしあのタピオカの食感がたまらない!なんてインタビューを受けている姿をよく目にします。

実はあのタピオカミルクティーには角砂糖に換算して20個分もの砂糖が入っているそうです。

ついつい飲みたくなりますが、タピオカミルクティーを片手に外を歩いてショッピングを1日したら、体調を崩す可能性がありますので気をつけましょう。

簡単に解説します。


1.角砂糖20個をグラム

に換算すると

角砂糖1つがおおよそ3〜4g程度の砂糖だそうです。日本で販売されているタピオカミルクティーの砂糖含有量をとある情報番組が調べていたのでそこでのデータを今回は参考にさせていただいています。

これを調べるに至った発端は、タイで販売されている同商品の砂糖含有量が1日の摂取基準量をはるかに超えるため健康リスクが懸念されるというニュースでした。そのタイ衛生局で調べた結果、とある商品では実に74gもの砂糖が1杯のタピオカミルクティーに含まれているそうです。

成人の摂取基準量は約25g/日

という数値を覚えてください。先ほどのタイの商品の例では基準値の約3倍に相当する砂糖が含まれていることになります。

この砂糖ですが、普段の食事でも目に見えない形で含まれています。ソースや調味料、料理のタレなどがそれに該当しますのでお休みの日にお友達とランチで中華を食べ、その後デザート、からのショッピングしながらタピオカミルクティーといういい流れを作りますと、1日で基準値の4倍以上の砂糖を摂取することになりその1日で一週間分に近い砂糖を一気にとっている可能性も出てきますよね。

話を戻しますと、日本で販売されているとあるお店の同商品には約20個分の角砂糖が含まれていると申し上げました。

60g〜80gの角砂糖が入っている

ことになります。


2.砂糖過剰摂取のリスク

砂糖を基準値以上に摂取することは健康を損ねるリスクになりますが、タピオカミルクティーを好んで飲む世代の多くはすぐには健康被害が出にくいのかもしれませんが、いわゆる生活習慣病のリスクが高く、最悪の場合拗らせれば死に至ることもあります。

もっとわかりやすく言えば、太ります。

タピオカミルクティーに限らず、砂糖を多く含む甘い食品や飲料全てに言えることですが、太る原因です。間違いなく太ります。いくらご飯を制限しても太ります。

お米などの炭水化物よりも細かい組成をしているので即吸収されるためです。

さらに一つ付け加えるなら、夏は太りやすい時期なんです。DNAレベルでのお話です。


今日は、流行りの飲み物に関してのリスクを簡単に紹介しました。ダイエットをしている方も、これからしたい方も、ぜひ心の何処かにしまっておいてください。

UCT鍼灸院・パーソナルジムではそのような食事のアドバイスもしています。何でもかんでも制限ではなく、バランスが整うように意識をできることをお伝えしています。

こうだからこうしてほしい

というスタイルでわかりやすくお伝えする努力をしていますので、今までどこでやっても結果が出せなかった方にはぜひ一度、体験でお話を伺えたらと考えています。

⭐︎今なら体験料を

キャッシュバック⭐︎

嬉しい三大特典。1、体験料キャッシュバック、2ドリンク&ダイエットサプリサービス3、鍼体験1回プレゼント

もちろん、体験だけ!という方も大歓迎です。体験したからといって無理に勧誘したりはいたしません。納得された場合のみお申し込みください。

詳しいキャンペーンの詳細はこちら


下記のフォームに必要事項を記入の上送信してください。お申し込みは先着順ですのでお申し込み時に定員に達していた場合はお断りさせていただく場合がございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA